金利との兼ね合いで考えたいカードローン審査の難易度

カードローンの金利は、金融機関やローン商品によって微妙に違います。

たとえ一見すると同じように見えても、貸し付け条件などをよく見ると、違っていて当たり前なのです。
これと同じことが、審査の難易度にも言えます。

ところでカードローンの金利と審査の難易度は、或る一つの相関関係にありま
す。
それは、金利が低いカードローンほど審査の難易度は高くなる傾向があるということです。
逆に、金利が高い商品は審査の難易度は低い傾向があるのです。
カードローンは審査に通らなければ使えませんので、確かに審査に通ることは非常に大切です。

適当なカードローンに複数申し込んで早かったところを利用すればいいやと、考えてしまう人がたまにいます。一般的な効率論で言えばそれは当たりになるかもしれませんが、カードローンの場合、その方法はハズレになります。それもただのハズレではなく、場合によっては大ハズレになってしまう可能性もあります。
参考:複数審査の申込みは不利になる|お金の借り方

しかし、審査に通りやすいカードローンほど金利が高い傾向があることも忘れてはなりません。
金利が高いということは、それだけ返済が大変になってしまうということです。
結局、カードローンの商品選びに際しては、審査の難易度だけを気にしてはいけませんし、金利だけに目を奪われてもいけません。

金利と審査と、双方をきちんと把握して商品選びをするのが良いでしょう。

カードローンについて

世の中には様々なローンの組み方があり、その中に、カードローンというものがあります。

カードローンは会計時に、カードとサインひとつで組むことができ、非常に便利なものです。しかしながら、便利さとは裏腹に、非常に怖いものでもあると思います。

私もカードはもっていますがあまり使わないようにと心がけています。

以前は、なにか給料日前にどうしてもほしいものがあったりと、よくローンを組んで使っていましたが最近はガマンしています。

私の友人はカードローンを組む人が多いです。ゲームやDVD、ブルーレイや、または楽器をローンで組む人が多いです。

カードだと便利ですぐに分割ローンが組むことができるので上記のように安いものでも分割でどんどん購入してしまい、引き落とし、支払が来てから地獄をみることになってしまいますね。

なので、私が思ったのは、カードローンでお金を借りる場合はカードを機械に通し、自動で審査するシステムにしたらどうかと思います。

世の中無駄遣いする人が減ることを祈ります。

本審査こそが重要なカードローン

子供と大人の違いは色々ありますが、計画性があるのか無いのかも、その大きな違いの一つであると言えます。子供は幼ければ幼いほど、行き当たりばったりの出たとこ勝負で生きています。そんな気ままな生き方をしているのが、子供なのです。
それに対して大人は、一人前の社会人ほどしっかりした計画性があるものです。

それゆえカードローンを安全に利用することは、その人が立派な大人であることの一つの目安になるのです。なぜなら安全なカードローンの利用には、事前の計画性が必要不可欠だからです。しっかりした返済計画を立てたり、日頃の生活費の管理をしたり、お金を計画的に使うことこそは、一人前の社会人であることの確かな証明となるのです。

ですからカードローンで返済トラブルなどを起こしてしまう人は、たとえ年齢的にはいい年をした大人でも、中身はまだ子供だという結論になります。

そんな残念な大人にだけはならないように、カードローンは常に安全に利用したいものです。

カードローンは審査が厳しいのか

カードローンというと、何だか審査がとても厳しそうに感じます。
その一番の理由が、銀行から借りなければいけないから、ではないでしょうか。

消費者金融でもカードローンを扱っているところはありますが、やはり銀行のほうが圧倒的に多いです。
確かに銀行系は消費者金融に比べると、審査が厳しく見られると言われています。
少しでも問題のある方は、銀行系は申し込まないほうがいい、なんて意見もあります。

ですが、初めての方は何ら心配は要りません。
現在は様々な働き方があるので、銀行もパートやフリーターといった低所得者をターゲットにせざるおえない状態にあります。
なので年収が低いから諦めたほうがいいかも、という考えは不要なのです。

重要なのは年収の額より、勤務年数だったりします。
長く同じ場所で働いている方は、例え年収が低くても審査に通る可能性は十分にあります。
逆に年収が高くてもまだ仕事を始めたばかりの方は、少し難しいかもしれません。
あとは年収に見合わない高額な利用金額を希望しなければ、そこまでの心配はいらないのです。

カードローン用のカードの保管

カードローンでは、専用のカードを使ってお金を借りることが出来る仕組みになっています。ローン用のカードはクレジットカードやキャッシュカードと似ているので、ATMからお金を引き出す時にうっかり間違えてしまわないように気を付けないといけませんね。

ローンカードは、提携している銀行のATMを利用して融資を受けることが出来るようになっています。預金口座からお金を引き出すつもりだったのに間違えてローンカードをATMに入れてしまうと、融資の取引がスタートしてしまうかもしれません。もちろん事前に確認画面が出るはずだから大丈夫だとは思うけれど、画面をきちんと見ていないと間違える可能性は否定できないと思います。

色々なカードをまとめてお財布に入れている人は少なくないですよね。きちんとカードを使い分けておけば問題ないけれど、ミスを招きそうな状態でローンカードを保管しておくのは少し危険かもしれません。

もともとうっかりしやすいタイプの人は、カードローン用のローンカードは他のカードと分けて保管しておくことをお勧めします。

急な出費に便利なローン

今までは、カードローンというとイメージとして借りるのに後ろめたい感じがありました。

このたび、急な出費がありまとまったお金が必要になりどうするか考えていました。

貯金を全額おろしても足りなかったので保険を解約してお金を作ろうかと考えた時、カードローンが使えたので使う事を決めました。

保険を解約した場合や貯金を全部使用した場合手元にお金が全く無くなってしまうと何かあった時に困ると思い月々決まった金額を払えば利息が付いて多く払わなければいけませんが現金が全くなくなるよりも、払っている内に気が付けば支払いが終わるので非常に便利に使えると思います。

今回25万円を借りたのですが月々1万2千円ほどを毎月25回払えば終わるので負担もあまりかからずにまとまったお金が借りれるので非常にありがたく使用させてもらいました。

ただし、気軽に借りれるので無駄に借りたりする事には注意が必要だと思います。
これからのカードローンをうまく利用して生活をしていきたいと思います。

お得なカードローンを選ぶ

カードローンは今多くの人に認知された人気の金融商品の一つです。テレビのコマーシャルで見ない日はないといってもいいほど流れていますし、街角の看板や広告でも多くみられます。

それゆえカードローン会社はたくさんあります。どれを選べば本当にお得なのかと迷うほどです。本当にお得なカードローン選びのポイントは何でしょうか?

カードローン選びで欠かせないのは金利による比較です。しかし注目しなければならないのは金利の高い方の数字です。初めて借りる場合は大抵、上限金利つまり高い金利が適用されることが多いからです。

もう一つのポイントは自分の生活に合ったカードローンを選ぶことです。例えば自分がよく行くコンビニのATMが提携ATMかどうかを調べてみることができます。

あるいは自分の持つ銀行口座と提携しているかどうかを確認することも大切です。こうした点を調べれば自分の生活に合ったカードローンを選ぶことができ、手数料や労力を減らすことができます。

宣伝文句に流されるのではなく本当にお得なカードローンを選べば賢くカードローンを活用できます。

カードローンで家計のピンチを避けました。

パートしているんですが、子供の教育費はなんとかパート代でやりくりしていました。

子供の長期休み期間は塾の季節講習を受けさせようと思い申し込みしたんですが予想以上に高額になりちょっと驚いたんですがどうしても受講したいとのことで季節講習費用をなんとか準備しなきゃと思いカードローンで即日融資を受けることにしたんです。
日頃からカードローンは利用していたので家計がピンチになった時には借り入れするようにしていました。同じパート仲間もカードローンは利用しているよ~と話題になったので私も作ることにしたんです。

人からお金を借りるのは対抗がありますし、後々関係が悪化するのも嫌なのでカードローンで上手に借り入れするのはいいな~と思っていたんです。

お給料が入ったらすぐに返済するようにしているので金利もごくわずかでよいですしマイページへログインすると現在の借り入れ金額や金利なども表示されるんでかなり使いやすいですし便利です!