カードローン用のカードの保管

カードローンでは、専用のカードを使ってお金を借りることが出来る仕組みになっています。ローン用のカードはクレジットカードやキャッシュカードと似ているので、ATMからお金を引き出す時にうっかり間違えてしまわないように気を付けないといけませんね。

ローンカードは、提携している銀行のATMを利用して融資を受けることが出来るようになっています。預金口座からお金を引き出すつもりだったのに間違えてローンカードをATMに入れてしまうと、融資の取引がスタートしてしまうかもしれません。もちろん事前に確認画面が出るはずだから大丈夫だとは思うけれど、画面をきちんと見ていないと間違える可能性は否定できないと思います。

色々なカードをまとめてお財布に入れている人は少なくないですよね。きちんとカードを使い分けておけば問題ないけれど、ミスを招きそうな状態でローンカードを保管しておくのは少し危険かもしれません。

もともとうっかりしやすいタイプの人は、カードローン用のローンカードは他のカードと分けて保管しておくことをお勧めします。